Archive | 10月 2012

便秘とハーブティ

便秘とストレスって関係が深いです。

腸の蠕動運動って副交感神経が活発になっているとき(つまりリラックスしている時)に盛んになるのですが、ストレスを感じて交感神経の方が活発になってしまうと、蠕動運動がうまくいかなくなるんですよね。すると、お通じがうまくいかなくなってしまうと。

ストレスの多い毎日の生活の中で、体の緊張が解けない状態が続くことで、慢性的な常習性の便秘を引き起こすこともあります。例えば、けいれん性の便秘もストレスの影響を強く受けているといわれています。

けいれん性便秘とは、ストレスが原因で腸の働きに乱れが生じる便通異常で、便秘と下痢を繰り返すといった症状などが見られます。ストレスを強く感じると、腸が過敏になり収縮が強くなることで、正常に蠕動運動が機能しなくなってしまうのです。

 

ハーブには、便秘に効果があるものもあります。ハーブティでリラックスしながら便秘も解消したいものです。

◇カモミール
カモミールティーは、ストレス解消や胃腸の調整、また不眠症にも効果的といわれています。

◇タンポポ
根の部分を乾燥させて刻んだものでお茶を入れると効果的です。このハーブティーには、ゆるい下剤効果や利尿作用が期待できます。また、妊婦で便秘に悩んでいる人がタンポポコーヒーをよく愛用しています。

◇ミント
腸の蠕動運動を調整する効果が期待できます。ミントは、けいれん性の便秘におすすめのハーブといえます。

◇フェンネル
フェンネルの種子をスパイスとして使用することで、腸の蠕動運動を促します。また利尿作用や食欲を抑制する働きがあるので、ダイエットにも向いています。