Archive | 11月 2014

精油の基本的な使い方

アロマセラピーを楽しむ方法いろいろを紹介します。

<芳香浴>
アロマセラピーを一番手軽に楽しむ方法が芳香浴。
お部屋ではアロマライトやアロマディフューザー、マグカップで、外出先ではハンカチやティッシュに1,2垂らして楽しみましょう。

マグカップを使う方法は、少し熱めのお湯(60度くらい)をマグカップに入れて、精油を1,2滴たらします。いい感じに香りが広がりますよ。

<アロマバス>
お湯の中に精油を5滴まで垂らしてよく混ぜて入ります。
直接精油を入れるのではなく、ハチミツ大さじ2、天然塩大さじ2、キャリアオイル10mlなどに垂らしてよく混ぜてから入れたほうが、精油が直接肌につく危険がなくておススメです。

アロマバスは鼻から香りを楽しむ芳香浴の効果と、精油が皮膚から浸透する効果、両方が得られるのでおすすめの方法です。香りの効果で心もゆったりリラックスできますよ。

<手浴>
キーボード入力などからくる肩こり、頭痛、しもやけや手荒れのケアに効果的です。

大きめの洗面器に40度くらいのお湯を入れて、精油を2,3滴たらし、良くかきまぜます。
5分~10分くらい手首までつけ、蒸気を吸い込むようにします。
終わったら洗わずにタオルで水分を拭き取ります。

<足浴>
身体全体の血行を促進し、足のむくみもすっきりします。

大きめの洗面器かバケツに40度~43度くらいのお湯を入れて、3,4滴の精油を垂らし、良くかきまぜます。
足首の上からふくらはぎの下くらいまで10~15分つけましょう。
冷めてきたら、やけどに気をつけながら差し湯をしましょう。
終わったら洗わずにタオルで水分を拭き取ります。


どれも簡単で効果抜群ですよ!